生理前はなぜ大人ニキビが増えるの?その原因とケアのポイント

生理前に大人ニキビが増える最大の原因が、ホルモンのバランスの乱れです。
特に顎や口まわりにできやすくなるのですが、全ての女性が生理前に悩む事がない為、対策を怠らなければにきびの増加を防ぐ事ができます。

 

生理前は体内の卵胞ホルモンと黄体ホルモンの量が均一でなくなり、黄体ホルモンが増加します。
加えて男性ホルモンの増加で皮脂分泌が増えて、皮脂が毛穴に詰まりやすくなります。
以下の3つの点に注意し、防止に努めるようにしましょう。

 

まず1点目が、スキンケアによる予防です。
生理が起きる2週間前の肌はとても敏感です。
肌のバリア機能を守る抗菌ペプチドの減少で、肌が荒れやすくなります。
洗顔は肌に優しい洗顔料を泡立てた後、摩擦をかけずに行いましょう。
そして、ぬるま湯でしっかり洗い流しましょう。
また洗顔後は、化粧水で保湿しましょう。
生理前は、抗菌ペプチドを増やす効果のある紫根エキス配合品がお勧めです。
抗炎症作用や創傷治癒、抗菌の促進に効果があります。
この化粧水によりバリア機能が回復し、にきびや肌荒れ予防に期待できます。

 

次に2点目が、生活習慣改善による予防です。
特に睡眠と食事には注意しましょう。
まず睡眠に関してですが、夜更かしは以ての外です。
就寝中に肌の新陳代謝が活発になるので、夜更かしでそれが妨げられてしまいます。
生理前はなかなか寝付けなかったり、疲れているのに睡眠不足になる事もあります。
大変かとは思いますが、毎晩6〜8時間の睡眠は欠かさずとりましょう。
次に食事に関してですが、皮脂量が増える生理前は、油分を控えたものを食べましょう。
皮脂の分泌を抑える作用をもつビタミンB群や、コラーゲンの合成に必要なビタミンCは積極的に摂って下さい。

 

そして3点目が、体を温める事です。
生理期は体のむくみやだるさ、血行不良や冷えなどの不調が出やすくなります。
日頃から温かい飲み物を飲み、入浴で体を温めるようにしましょう。

 

このように生理前は対策すべき事が多く、普段以上に大変な思いをするかもしれません。
これを契機に、生活習慣を変えてみるのはいかかでしょう。

 

 

⇒おすすめのニキビエステ比較はこちら