大人ニキビと思春期のにきびは全くの別物?それぞれの違いは

はじめに、思春期にきびと大人ニキビとでは、全く別物であると言っても良い程違いがあります。
思春期にきびは10代の頃に、大人ニキビは20歳以上にそれぞれできるものです。
発生経緯やできやすい時期がそれぞれ異なります。

 

まず思春期にきびは、成長ホルモンの乱れによる皮脂の活発な分泌が原因となります。
おでこや鼻付近にできやすく、汗をかく機会の多い夏季が発生の中心です。
その一方で大人ニキビは、日頃のストレスや生活習慣の乱れ、肌の乾燥が発生原因となります。
顎の線や口の周囲にできやすく、肌の乾燥で角質層の水分が奪われやすい冬季に発生しやすいのです。

 

また大人ニキビは、思春期にきびよりも跡として残りやすくなります。
大人ニキビは初期段階である白にきびから放置しておくと黒、赤、黄の順に変化し、最終的に跡として残ります。
紫外線の照射量が増える夏季は特に起こりやすくなります。
加えて思春期よりも再発しやすくなります。
過剰に分泌された皮脂が毛穴を塞ぐ事でできる思春期にきびと異なり、大人ニキビは表皮の新陳代謝の崩壊から始まり、分厚くなった角質層が上手くはがれず、毛穴を塞ぐ事でできます。
毛穴の奥に残るアクネ桿菌が、再発の最大の原因となります。
したがって大人ニキビは思春期にきびよりも治りにくいものとなります。
ただ思春期にきび、大人ニキビともケアの基本は同じです。
毎朝の洗顔と保湿、大量の汗をかいた後のシャワー等で、常に清潔な肌を維持しましょう。

 

十分な睡眠をとり、適度に体を動かす事で代謝を高め、心身共に過度なストレスをかけないよう心掛けましょう。
加えて食生活も見直し、肌のターンオーバーを促進する蛋白質は必ず摂るようにしましょう。

 

 

⇒おすすめのニキビエステ比較はこちら