にきびの治療法を知る

にきびを治療するには、皮膚科に行って、塗り薬・飲み薬を処方してもらうことも考えられます。

 

炎症や化のうが見られるようならば、「たかがにきび」などと思わずに、すぐに皮膚科に行きましょう。

 

ケミカルピーリング

より徹底するのならば、ケミカルピーリングがあります。皮膚の表面を酸で溶かして、その溶けた分が再生することで、一緒ににきびも解消してしまう方法です。

 

エステサロンなどでも行っています。が、これはまね事程度のものです。安全に、かつ、しっかりとした効果が欲しいのならば、美容外科、美容皮膚科でやってもらう必要があります。

 

フォトフェイシャル

さらには光のエネルギーを使ったものがあります。これもちゃんとやるのならば、エステではなく、美容外科や美容皮膚科です。

 

お肌の上から調整した光を照射し、にきびの炎症を引き起こしているアクネ菌や雑菌を殺菌したり、お肌の奥の真皮を刺激することで、コラーゲンやヒアルロン酸といった美肌成分の生成を促し、新陳代謝のペースも高めます。

 

レーザー

さらにはレーザー光線を利用したものもあります。これはエステではやっていません。もっぱら美容外科、美容皮膚科といった医療機関です。

 

いくつか治療方法はあります。代表的なものは「フラクタル」と呼ばれるものでしょう。

 

直径0.1ミリほどの穴を無数に治療するお肌の部分に開けます。まるで、無数の針を刺したような形になります。

 

お肌はこの小さな傷を修復しようとします。これで回復した時には、にきびも一緒に治っているという仕掛けです。

 

≫≫ニキビエステおすすめ人気ランキング