エステでニキビ跡はきれいに治せるの?

ニキビはできるだけ、症状が軽いうちに対策をするのが大原則です。ダメージが皮膚の浅い層までならば、通常のターンオーバーだけで回復します。

 

真皮にまで達していると通常のままでは元に戻りません。「ニキビ跡が残る」ということですね。

 

「一生、この顔面の凹凸と付き合っていくのか」といったところです。ですが、エステサロンの中には、これさえも回復させてしまうようなケアを行っているところもあります。

 

1.ニキビの原因と種類

 

ストレスや生活習慣の乱れなどをニキビの原因とする説明もしばしば見かけます。これは間違いです。「原因」と「悪化要因」の区別がついていません。

 

1-1.ニキビの原因

 

ニキビの原因はズバリ、「アクネ菌(ニキビ菌)の繁殖」です。

 

アクネ菌は普段から皮膚の表面にいる常在菌の一種です。お肌が健康な状態であれば、トラブルを引き起こすことはありません。

 

このアクネ菌は「皮脂が大好物」「酸素が苦手」という特徴があります。なので、皮脂の分泌が多くなり、と同時に毛穴が詰まるようになると、アクネ菌が繁殖する条件がそろってしまいます。

 

そうやって大繁殖したアクネ菌が皮膚にダメージを与えてしまっているのがニキビなのです。

 

これは背中など体のほか部分でも同じです。ただ、皮脂の分泌量は顔が圧倒的です。なので、肌トラブルも多く、その分悩みも多いのです。

 

1-2.ニキビの種類

 

ニキビにも種類があって、最も初期段階のから、白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビ、黄ニキビの順です。

 

・白ニキビ

 

別名は「面皰(めんぽう)」です。毛穴の口が塞がれ、中に角質、皮脂、汚れなどが詰まっています。

 

・黒ニキビ

 

白ニキビから一歩進んで、毛穴の中に詰まっているものが酸化した状態です。黒色になっているのは、この酸化した汚れがすけて見えているのです。

 

・赤ニキビ

 

別名は「丘疹(きゅうしん)」「炎症性ニキビ」です。いよいよ炎症が始まっています。赤みがあるのもこのためです。周囲の細胞もダメージを受け始めます。ニキビ跡になってしまうのもこの段階からです。

 

・黄ニキビ

 

「膿疱性ニキビ」ともいいます。「膿疱(のうほう)」とはすでに化膿している状況です。炎症はすでに真皮層にまで達しています。化膿が治まったところで、真皮もガタガタになっていますから、そのままでクレーター状になります。色素沈着してしまっています。これこそが「ニキビ跡」というわけです。

 

こうなると、思春期につきものの悩みの種だったニキビが、その時期だけでは終わらず大人になってもずっと問題として残ってもしまいます。

 

 

1-3.ニキビの悪化要因

 

ニキビの原因といわれるものには、ストレス、ホルモンバランスの乱れ、睡眠不足など生活習慣の乱れ、運動不足、メイク汚れ、スキンケアの間違い、男性ホルモンの分泌が多い、などがあります。ご覧いただくとお分かりいただけると思いますが、ほかの美容や健康面でのトラブルと共通するようなものばかりです。

 

これらはニキビの直接の原因ではなく、症状をいっそう深刻にしてしまったり、普段ならば発生しないようなトラブルを引き起こしてしまったりするものです。つまり、悪化要因です。

 

もちろん、ニキビを作ってしまったり、その症状を悪化させないためにはこれらにも十分に注意をする必要があります。

 

2.自分でできるケアと医者にかかる必要がある症状

 

2-1.自分でできるケアには限りがある

 

ニキビ対策としては、「ビタミンCなど抗酸化の効果のある成分をたくさんとる」「しっかり洗顔をし、メイクを残さない」「化粧水など化粧品類を見直し、ケア方法も工夫する」などがあります。もちろん、悪化要因になるものをなくさなければいけません。

 

ですが、ホームケアで改善できるのは、白ニキビや黒ニキビまでと考えたほうがいいでしょう。これらではもうダメージを受けて形として残ってしまったニキビ跡までは消すことができないのです。メラニン色素の黒い色も残ったままでしょう。

 

2-2.黄ニキビがある場合は皮膚科へ

 

また、今現在赤ニキビや黄ニキビに悩んでいる人もいるでしょう。こういった人たちももちろん、「ニキビ跡ができてしまう」と深刻に悩んでいるかもしれません。

 

だからといって、今すぐやることはニキビ跡へのケアではありません。まずは、炎症・化膿している毛穴をしっかりと治す必要があります。これにはまずは皮膚科のある病院に行かなければいけません。まず必要なことは治療なのです。

 

我流での治療方法はやめておきましょう。

 

3.エステサロンでのニキビケア

 

「ニキビ跡対策」といった専門コースがなくても、多くのエステサロンでは対応ができます。「美白・美肌ケア」「フェイシャルケア」「ピュア肌ケア」のコースの中に含まれています。花嫁になる女性のための「ブライダルコース」の中で用意されていることもあります。

 

ただし、どういった内容の施術になっているかは、エステサロンごとに違いが大きいです。口コミなどでの「おすすでめです」とするような体験談を単純信じたり、「人気店だから」といったことでは選ばずに、実際にカウンセリングに足を運ぶようにしましょう。

 

また、多くのところで体験コースが用意されています。たいていは初回限定のとてもおとくな料金になっています。

 

よくあるケアは次のようなものです。

 

・ピーリング治療

 

皮膚の表面を溶かすような成分を使い、傷んだ肌表面をいったん取り除く方法です。「肌再生すれば、ニキビ跡もなくなっている」というのです。

 

ただし、実際のところエステサロンではそうは強力な成分は使えません。せいぜいが、「皮膚組織の表面が緩む」ぐらいまでです。しっかりとした治療効果を期待するのならば、美容系のクリニックに行く必要があります。

 

・光フェイシャル

 

「光治療」といった言い方をすることもあります。皮膚の奥まで刺激しするような光線を当てます。これで新陳代謝が促され、ターンオーバーも進みます。

 

・イオン導入

 

通常のままならば、いくら美容成分を塗っても、肌表面で多くが跳ね返されてしまいます。そこで皮膚の表面に微弱な電流を流し、皮膚組織が持つバリア効果を弱めます。

 

 

またこういった方法をいくつも組み合わせて「徹底ケア」「集中ケア」をセールスポイントにしているところもあります。

 

 

4それでもだめならば、美容系のクリニックも考えてみよう

 

先に挙げたように、本格的なピーリングを受けるのならば、美容系のクリニックなどの医療機関に行く必要があります。

 

また、レーザー治療を受けられるのも、医療機関ならではです。レーザー光線で皮膚組織を刺激するだけではなく、小さい穴を開けて、わざとダメージを与え、その肌再生で一挙に肌トラブルをなくしていしまうような治療法も盛んになってきています。