.頬やほっぺのニキビが出来てしまった時に覚えておきたいスキンケア

ニキビは皮脂の分泌量が多い部分に出来やすい傾向があります。
頬は皮脂が少ないのですが、いくつかの原因により頬ニキビができ、繰り返しやすいのも特徴です。
頬ニキビの原因と対処法を紹介します。

 

・頬ニキビの原因は?

 

頬は他の部分に比べて皮脂の分泌量が少ないため、ニキビが出来にくい場所です。
それでもいくつか原因が重なると、頬にもニキビが出来てしまいます。
ニキビは乾燥による皮脂の過剰分泌と、毛穴詰まりが原因でできます。
頬ニキビの原因はこれ以外に、髪が当たる刺激や髪に付いた整髪料の刺激が多くなります。
脂っこい食べ物をよく食べると、皮脂の分泌が増え、本来皮脂が少ない頬も皮脂が増えます。
洗顔のし過ぎや擦り洗いで、皮脂を根こそぎ洗う事の乾燥と、洗う時の刺激による乾燥も結果的に皮脂を増やし、ニキビの原因を作ります。

 

・頬ニキビがどちらか片方だけにできる場合の原因とスキンケア

 

片方の頬だけにニキビができるという場合、外的要因の可能性が高いと考えられます。
寝る時に横を向かないと眠れない人は、枕や枕カバーに雑菌が付着していると、それが原因で顔にも雑菌が付着します。
寝ている間は汗をかくので、汗と雑菌が混ざり炎症が起きニキビができやすくなります。
この場合は枕を干して、枕カバーをこまめに取り替えましょう。
片頬にできるニキビのスキンケアは、殺菌作用の高いニキビ用化粧品で、雑菌の繁殖を抑えるケアが必要です。

 

・両頬にニキビができる場合の原因とスキンケア

 

両頬に同じようにニキビができるという場合は、内面的な原因の可能性が考えられます。
ホルモンバランスが崩れると、自律神経にも影響を与えるので、体全体のバランスが崩れ、皮脂の過剰分泌が起こりやすくなります。
肌の乾燥が起きると、肌を守るために皮脂を過剰分泌させ、乾燥から守ろうとするので、これも皮脂の過剰分泌につながります。
両頬に出来るニキビのスキンケアは、皮脂のコントロール作用のある化粧品と、乾燥を防ぐための保湿効果が高い化粧品がおすすめですね。

 

・頬ニキビが出来た時のスキンケア

 

頬に出来るニキビにはいくつかの原因があります。
原因に応じてスキンケアの方法は変わりますが、原因が分かっていればスキンケアの方法も決まってきます。
頬のニキビには、ニキビ用の薬用化粧品を使うのがおすすめです。
ニキビ肌専用に作られているから、殺菌作用や保湿力に優れていて、肌に必要な成分も含まれています。

 

頬は皮脂の分泌量が少ないので、ニキビは出来にくいのですが、それでも頬にニキビができる事があります。
こういう時は原因を知っておくと、適切なスキンケアができます。

 

≫≫ニキビエステおすすめ人気ランキング