知って得する目立たせないニキビを悪化させないメイク法のコツ

ニキビ エステ メイク

メイクをするときニキビがあると、メイクで隠そうとしますが、メイクの仕方によってはニキビを悪化させてしまいます。
隠そうとすればするほど不自然になる傾向があるので、メイクのコツを覚えておくと便利です。

 

・コンシーラーのメリットとデメリット

 

ニキビがある時、コンシーラーで隠すと意外と綺麗に隠れます。
しかしコンシーラーは欠点を隠すカバー力が高い反面、油分が多いのでニキビにはあまり使わない方がいいかもしれません。
どうしてもコンシーラーを使いたい場合は、少しカバー力の低い物を選び、優しく塗っておきます。
重ねづけも効果的ですが、ニキビを隠す場合は何度もニキビに触れる事になるので、力を入れず2回程度にしておきましょう。

 

・ファンデーションを使わない方がいいニキビ

 

ニキビが多く、どれも赤く炎症を起こしていて、痛みや膿を伴う場合はファンデーションを塗ると大きな負担をかけてしまいます。
すっぴんでいるのが一番いいのですが、そうもいかない時は出来るだけ肌に負担をかけない薄付きのファンデーションを選びましょう。
今はクレンジングを使わずにお湯だけで落とせるファンデーションがあるので、そういう物を使うのもおすすめです。
多少カバー力は落ちますが、ニキビへの負担は軽減できます。

 

・メイクができない時のマスクについて

 

ニキビがひどくてメイクができない時、マスクで隠すという方法があります。
しかしマスクは、肌やニキビに擦れるのと、通気性が悪く雑菌が繁殖しやすいので、ニキビにはNGとなってしまいます。
どうしてもメイクができず、すっぴんでもいられない時は、マスクの使用もやむを得ませんが、肌に優しい素材を選び、1日中同じマスクは使わずに途中で交換するようにします。

 

・ニキビを隠すメイクのコツ

 

ニキビの炎症がない時は、メイクで隠す事もできます。
出来るだけコンシーラーは使わずに、ファンデーションの重ねづけでカバーします。
ファンデーションを付ける時は肌に刷り込まず、筆などで軽く乗せる程度にしておきます。
ニキビの色は隠せても、凹凸があるとファンデーションだけでは隠せません。
こういう時はパールやラメで、光を反射させるようにすると凹凸が目立ちません。
ただし塗り過ぎは、負担をかけるので軽くなじませる程度にしておきましょう。

 

ニキビがある時にメイクをすると、かえってニキビを悪化させてしまう事があります。
どうしてもメイクをしなければいけない時、覚えておくと便利なメイク法を実践してみましょう。

 

 

 

⇒メイクもきれいになれる!人気ニキビエステ特集