ニキビケアに良い洗顔法とは?正しい洗顔方法でどう変わるのか?

ニキビケアをしていても、なかなか改善されない時、その原因が洗顔方法にあったというケースは少なくありません。
正しい洗顔方法を身に付ける事で、ニキビを改善したり予防したりできます。

 

ニキビケアに重要な洗顔

 

ニキビができやすい人は、皮脂が多く顔がテカテカしているイメージです。
皮脂が多いと、とにかく顔を洗ってテカリを防ぐ事が最善と思いがちですが、洗い過ぎもよくありません。
多くの場合自分はニキビがあってオイリー肌だから、洗顔で清潔にするのが一番、と勘違いしてしまいます。
確かに洗顔で汚れを落とす事も大切ですが、洗い過ぎは必要な皮脂を落とすので、肌が乾燥し、それを補うために皮脂を過剰に分泌させるのでオイリーに感じるのです。
ニキビケアの洗顔は、正しい方法で洗う事が大切ですね。

 

よくある間違った洗顔方法

 

ニキビの原因が過剰に分泌する皮脂だと思うと、1日に何度も顔を洗いたくなります。
しかし洗い過ぎは、乾燥させるので余計に皮脂が増える原因となります。
ゴシゴシこするほど綺麗になるというイメージですが、ゴシゴシこすり洗いすると、顔には想像以上のダメージを与えてしまいます。
これも肌が乾燥し皮脂を増やし、ニキビの原因となります。
洗い過ぎ、ゴシゴシこすり過ぎは間違った洗顔方法です。

 

ニキビ予防におすすめな洗顔方法

 

どんなにニキビが多くても洗顔は、朝と夜の2回で十分です。
洗顔料はニキビケア用がおすすめですが、ない場合は刺激の少ない無添加石鹸がおすすめです。
泡立てネットを使いたっぷりの泡を立て、顔に手が触れないくらい泡で包み込む泡洗顔をします。
これだけでも汚れは十分落とせますので、ゴシゴシこする必要はありません。
洗い流す時にお湯の温度が高いと皮脂が流れてしまうので、温度はぬるめにします。
シャワーを使ってもOKですが、水圧が高いとニキビに刺激を与えるので弱めで流します。

 

洗顔の前後にやると効果的な事

 

洗顔方法を見直すだけでもかなり改善効果が期待できますが、より効果を高める工夫も取り入れてみましょう。
顔を洗う前に蒸しタオルや、お風呂の湯気で毛穴を開いておきます。
こうすれば毛穴の奥の汚れが落ちやすいので、泡洗顔でも汚れを落としやすくなります。
洗顔後は冷水で毛穴を引き締めれば、毛穴に汚れが詰まりにくくなります。

 

ニキビがなかなか改善されない時、その原因が洗顔にある可能性が高いです。
洗顔を見直すだけでも、かなり改善されるので是非お試し下さい。

 

≫≫ニキビエステおすすめ人気ランキング