顔ニキビの場所による原因の違い

 

顔ニキビの場所による原因の違い
ニキビって顔中まんべんなくできているのは思春期だけ。
これはホルモンバランスの乱れが原因なので、清潔に保ちながら全体的に治るのを待つことになります。

 

一方で大人ニキビは、場所によって原因が違います。
ただし、ストレスや睡眠不足、食事の偏りなどでホルモンバランスが乱れた場合は別です。
思春期ニキビと同様、顔のどこにだってできてしまいます。

 

ストレスが原因のニキビがよくできる場所です。
Uゾーンには、ストレスによるホルモンの乱れと皮脂の過剰分泌が両方くるからです。
ただし、肝臓や腎臓機能の低下もあり得ます。

 

おでこ

 

思春期ニキビがよくできる場所です。
大人の場合は、ストレスからきている可能性が大なので生活を見直してみましょう。

 

目立つ上につい触って悪化させがちな場所ですね。
脂質の取りすぎや胃腸機能の低下が考えられます。
髪がかかるような顔の輪郭だと、すすぎきれてないシャンプーやリンスが肌に付着した可能性も。

 

口の周り

生理前のホルモンバランスによる可能性があります。
胃腸障害も原因になるので、生理が関係なさそうであれば疑ってみてください。

 

食事でバランスよく栄養を摂取しないと、サプリメント内の栄養だってうまく吸収されてくれないのです。
様々なものを食べて、栄養の偏りがないように工夫しましょう。

 

≫≫ニキビエステおすすめ人気ランキング