病院で行われるニキビの治療

ニキビで病院に行くことに抵抗がある人はいませんか。
自然に消えるから、すぐに治るからといった理由から病院に行く必要がないと考える人は多いようです。
また、どういった治療をするのかわからないから行きたくない人もいるみたいですね。

 

まず問診では、ニキビがいつでき始めたか、治療経験の有無、どこによくできるかといった状態を質問されます。
合わせて生活習慣や食事といったニキビの原因になり得ることも質問されます。

 

内服薬では、抗生剤やビタミン剤をだされるようです。
抗生剤は炎症を起こしたときに、ビタミン剤は健康な肌にする補助やホルモンバランスを整えるものです。

 

外用薬としては、抗生剤やイオウ製剤、レチノイドといったものがあります。
刺激が強く副作用があるものが多いので、出されたときには説明をちゃんと聞きましょう。

 

ニキビを圧出することもあります。
自宅ではお勧めしない方法ですが、過剰な負担をかけずすぐに殺菌して跡を残さないやり方でもあるのです。

 

保険適用外の治療としてケミカルピーリングなどがあります。
医師と相談の上、納得してから行うようにしましょう。

 

ニキビケアをしているのに、効果がでない、または効果が薄いという人は、食生活を振り返ってはいかがでしょうか。
忙しいからといって外食やコンビニですませていませんか。
栄養はサプリメントで補うからと食事は簡単にしていませんか。

 

≫≫ニキビエステおすすめ人気ランキング