フェイシャルエステと美容皮膚科の主な違いについて

フェイシャル エステ 美容皮膚科

「少しお金を出してもいいから、プロに美肌・美白のケアをやってもらいたい」となると、まず目が行くのはエステサロンでしょう。

 

もうひとつ、有力な選択肢があります。美容皮膚科、美容クリニックなどの美容系医療機関です。

 

メニューを見ると、同じような名前のものもあります。果たして違いはあるのでしょうか、ないのでしょうか。気にしている方もいるでしょう。

 

・同じ名前でも内容が異なることも

 

同じ名前でやっていることの代表は、ピーリングです。「弱い酸を使って、お肌の表面を溶かし、その回復力を利用して、一気にお肌をよみがえさせる」という施術です。

 

エステサロンでやれることは、「『お肌の表面を溶かす』という話になっているけども、実際には角質層あたりの細胞の連結が緩むぐらい」です。

 

これに対し、美容系医療機関は症状に応じて、もっと徹底したことができます。場合によっては、真皮層に達するぐらい皮膚の表面を溶かすこともあります。

 

これができるのは、美容系医療機関が病院の一種だからです。

 

ピーリングと同じように、エステサロン、美容系医療機関で差があるのは、フォトフェイシャルですね。光を使った施術で、シミ・ソバカスの解消に用いられます。

 

レーザー光線をつかて、お肌に目に見えない小さな穴を無数に開け、やはり皮膚の回復力を利用するフラクショナルレーザーともなると、美容系医療機関でしか施術を受けることができません。

 

・エステサロンのメリットは

 

ここまでの話では、「美容系医療機関を選んだほうがいい」と思えるかもしれません。

 

ですが、エステサロンのほうがいい面もいくつかあります。そのひとつは、「美容系医療機関は美容の専門家ではない。それはエステサロンの方」です。

 

美容クリニックなどで担当してくれるのは医師です。おそらくは多くの場合、男性です。一般男性よりはマシかもしれませんが、美容自体にはそうは興味はありません。

 

一方、エステサロンで担当してくれるエステティシャンは美容の専門家です。施術をしながらでも、美しくなるためのアドバイスをしてくれるでしょう。こちらからも質問にも的確な回答をしてくれるはずです。

 

また、フェイシャルのケアを受ける目的のひとつが、「ゆったりとしたいやしの時間を持つ」担っている人もいるでしょう。これも、エステサロンでこそできることです。

 

・料金の違い

 

エステサロン同士でも、同じような施術内容なのに料金に大きな違いが出ることがあります。

 

高級店ほど、「内装にコストをかけている」「パウダールームなど付属の施設が充実している」「スタッフのマナー向上のために充実した研修制度がある」といったことになっています。

 

「必要最小限のことをやってもらえば十分」という人から、「ぜいたく感を味わいたい」という人まで満足できるような選択肢がそろっています。

 

一方の美容系医療機関は全体的に料金が高いです。というのは、医師、看護師など人件費が高めの人たちがスタッフで、その上病院としての設備が必要だからです。

 

また、美容系医療機関同士でも料金の違いがあります。「病院」といっても、治療のためのものではないので、健康保険は利きませんし、診察料なども国が決めているわけではありません。

 

美容系医療機関でも高級感を出しているようなところもあります。ですが、高い・安いは、単に経営方針の違いでしかないことが多いようです。

 

 

⇒人気のニキビエステ情報