生理中や妊娠中のフェイシャルエステは受けられるのか

フェイシャル エステ 生理中

長期的に通うつもりで、エステサロンの施術を受け始めたのに、途中で妊娠する人もいるでしょう。

 

あるいは、「妊娠中だけども、どうしてもエステを始めたい」という人もいるでしょう。

 

また、せっかく予約をとった日に生理がきてしまうことは決して珍しくないでしょう。

 

はたして、妊娠中にエステサロンに通ったり、生理の最中に施術を受けてもいいものなのでしょうか?

 

・トラブル改善のためのものはあまりおすすめできない

 

はっきりと「やめておいたほうがいい」といえるのは、脱毛の場合です。

 

「妊娠中であっても、脱毛の施術自体は胎児には直接の影響はない」とはされています。ですが、痛みを感じたり、ストレスを受けることでの影響は否定できません。

 

また、妊娠中も生理中もホルモンバランスが通常とは異なります。施術の効果も出るかどうかわからないのです。

 

フェイシャルエステの場合も同じようなことがいえます。妊娠中は施術の中でも、痛みを感じたり、ストレスになるようなものはやめておきましょう。

 

あまり例は多くはないのですが、ピーリングあたりがその代表でしょう。とはいえ、お客の妊娠がわかると、必ず断るところもあれば、いつも通りのところの両方があります。

 

生理の場合エステサロンが断るのは、「下り物などで施術台が汚れる」というのが本音の理由のことが多いです。特にデリケートゾーンの脱毛の時ですね。

 

フェイシャルエステであれば、下り物とは関係のない顔が施術の対象ですから、エステサロン側も気にしないでしょう。

 

ですが、ホルモンバランスがいつもとは違います。せっかくの施術が効果を発揮しないことも考えられます。これではお金の無駄です。

 

エステサロンはOKと言っても、自分の方の判断でやめておいたほうがいいでしょう。

 

・リラックスのためのものならば、むしろ積極的に

 

フェイシャルエステに通う理由が、「今のコンディションを維持したい」「リラックスタイムを持つために」という人もいるでしょう。

 

そういった人たちは、刺激の強いメニューは選んでいないでしょう。

 

ならば、そのまま通い続けてもいいでしょう。

 

というよりも、妊娠中や生理中のほうがいつもよりもストレスやフラストレーションを感じているかもしれません。フェシャルエステは貴重なリラックスタイムになるはずです。

 

・キャンセルや中断も考えてエステ選ぶ

 

 

「キャンセルする場合、何日前なまでならば、キャンセル料が不要か」、また「キャンセル料はいくらになるか」もエステサロンを選ぶ時のの条件の一つとして忘れないようにしましょう。

 

特に長い間通う場合、途中で生理や休養のために予約をキャンセルすることは何度かあるはずだからです。

 

また、チケット制を選んでいて、妊娠などのために長期中断すると、残りのチケットが無駄になってしまう可能性もあります。

 

そういった場合にそなえて、有効期限を伸ばしてもらえるか、あるいは最初から有効期限が長めのところのフェイシャルエステを選んでおいたほうがいいかもしれません。

 

特にこれから妊娠する可能性のある人は覚えておくようにしましょう。

 

 

⇒人気のニキビエステ情報